スポンサード リンク

2010年10月06日

タイトル獲得へ向けて。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第7位



いつもアクセスありがとうございます。

さて、清水エスパルスは9月に入ってから
まさかの急ブレーキで優勝争いから後退してしまいました。

Jリーグは現在名古屋グランパスが独走状態で
残り9試合の中で2位の鹿島アントラーズに勝ち点9差。
エスパルスとは勝ち点13差。

数字上はまだ可能性が残されているものの、
ほとんどリーグ優勝は絶望的と考えて良さそうです。

ファン・サポーターの心理としては、
何か一つでもタイトルを獲得して欲しいところ。

その一番近いタイトルがナビスコ杯。

準決勝ファーストレグはサンフレッチェ広島に1−2で敗戦。
ホームで迎えるセカンドレグで全てが決まります。

1−0での勝利ならアウェイゴールの差で
エスパルスが決勝進出となります。

もしくは2点差をつけての勝利が必要。

続きを読む
posted by Cocolo at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

清水エスパルス、浦和レッズとの対戦はドロー。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第7位



いつもアクセスありがとうございます。

さて、昨日行われたサッカーJリーグJ1第23節。
清水エスパルスはアウェイ埼玉スタジアム2002で
浦和レッズと対戦。結果はご存知のとおり、1-1のドロー。

アウェイで勝ち点1を獲得できたことを良しとするのか、
それとも首位名古屋グランパスとの勝ち点差8を
縮められなかったことを悔やむのか、判断は人それぞれでしょう。

残り11節となった現在、次節の名古屋グランパスとの対戦が
エスパルスの今年のリーグ優勝の運命を握っていると
言っても良さそうです。

ここで首位叩きをして勝ち点差を5まで縮めれば
まだまだ可能性は残されます。

しかし、引き分けもしくは負けるなどして
勝ち点差を縮められなかったり最悪11まで広がることになれば
ほぼリーグ優勝の望みは無くなるでしょう。

続きを読む
posted by Cocolo at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

清水エスパルス、大宮アルディージャに無念の完敗…。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第7位



いつもアクセスありがとうございます。

さて、先週末に行われたサッカーJリーグJ1第22節で
清水エスパルスは大宮アルディージャと対戦。

結果はご存知のとおり、
0−3での完敗…(涙)。

コンディションによってここまでチーム力は落ちるものなのか…と
アルビレックス新潟戦と同様に痛感させられる試合でした。

確かに相手は中5日。エスパは中2日。
コンディションには差があったと思います。

でもそれを補う選手層の厚さがエスパルスにはあった…



…はず。


どうやらそれは勘違いだったらしく、
屈辱の大宮戦の翌日に行われた
サテライトの静岡ダービー
(ジュビロ磐田との練習試合)でも
0−4の完敗。

控えに甘んじている選手にとって
この暑い時期の連戦は試合出場&レギュラー奪取の
チャンスだったはず。

それがこの体たらくでは…、キビシイですよね。

まだまだエスパルスにはリーグの長丁場を制するだけの
力量が備わっていないと言うことなのでしょうか…。

続きを読む
posted by Cocolo at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

清水エスパルス、大宮アルディージャに勝利なるか?

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第6位



好位置キープ♪

さて、今日はサッカーJリーグJ1第22節が行われます。
清水エスパルスはアウェイNACK5スタジアム大宮で
大宮アルディージャとの対戦。

過密日程プラス暑さ(15時キックオフ)という過酷な条件の中、
チームの総合力が試される試合になりそうです。

順位だけを見れば3位VS16位の戦いなのですから
当然エスパルスには勝利が求められます。

ここ数年安定した成績を残しながらも
「優勝」に届かなかった原因は下位チームからの
勝ち点の取りこぼし。

チーム状態が悪かったとしても、
試合内容が悪かったとしても
とにかく勝ち点3を獲得する。

そういった「しぶとさ」「したたかさ」
「たくましさ」を示して欲しい試合ですね。

どうやらインターネットラジオ中継されるらしいので
スタジアムへ直接足を運ぶことのできない方はコチラを。

http://www3.stream.co.jp/web/live/j-league/s-pulse/live32.asx

続きを読む
posted by Cocolo at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

サッカー天皇杯、清水エスパルスは苦しみながらも2回戦突破。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第6位



じりじりランキング上昇中です♪

さて、日曜日に天皇杯の2回戦が行われ
清水エスパルスはホームアウスタでHonda FCと対戦。

結果は2-0でかろうじて2回戦突破を決めました。

ま、天皇杯やナビスコなどのカップ戦は結果が全てですから
内容が悪くても勝ち上がることが重要なのは言うまでもありません。

ただ、Honda FCは中1日だったことを考えると
コンディションの良し悪しでは完全にエスパルスに分があったはず。

Jリーグのトップで優勝争いをしているチームとしては
一方的な展開に持ち込みたかったところですけど、
そこは(長谷川健太監督のコメントにもあったように)Honda FCを
ほめるべきなのかもしれませんね。

さて、過密日程はまだまだ続きます。

明日はナビスコカップ準々決勝第二戦。
FC東京と決着をつける試合です。

第一戦は1−1のドローでしたから、
エスパルスが準決勝へ勝ち上がるには
0−0の引き分けか、勝利が条件。

続きを読む
posted by Cocolo at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

サッカーJリーグナビスコカップ準々決勝第1戦の結果。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第8位



いつもアクセスありがとうございます。


さて、昨日はJリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第一戦
清水エスパルス対FC東京が行われました。


結果は1−1のドロー。


中2日という過酷なスケジュールの中で臨んだ試合だけに
なかなか良い内容のゲームを期待することは難しいようです。

ただ、カップ戦はとにかく勝ち残ることが重要。

そういった意味ではアウェイゴールを奪って
第二戦のホームを迎えることができるので
最低限の結果は残せた、と言えそうです。

気になるのは、次の試合に得点源の
岡崎慎司選手と藤本淳吾選手がサッカー日本代表に
召集されるため不在ということ。

代わりに出場する選手たちが活躍してくれれば
言うこと無しなのですが、どうも今季は
サブ組に結果が出ていない印象なんですよね…。



メンバーはいるはずなんだけどなぁ。


そろそろ、新加入の伊藤翔選手なんかを実際の試合で
観てみたいような気がします。

続きを読む
posted by Cocolo at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

清水エスパルスは川崎フロンターレに快勝で3位浮上!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第8位



いつもアクセスありがとうございます。


8月29日に行われたサッカーJリーグ清水エスパルス対川崎フロンターレ
の結果は、見事エスパルスが2-0で勝利し順位も3位へと浮上しました。

何はともあれ悪い流れをいったん断ち切ることができて良かったですよね。

サッカーはやはり先制点が重要だなぁ…、とつくづく感じました。

PKではあったものの、先制点を早い時間帯に獲得できたことで
ずいぶんと試合運びがスムーズにできたように感じました。

3連敗は約一週間の出来事だったが、連敗が始まったマリノス戦は決して悪いゲームではなかったし、内容的には自分達のサッカーが出来ていた。その後、新潟戦、磐田戦と内容的にも非常に乏しく、負けるべくして負けたようなゲーム内容だった。ただ、そのほんの一週間前は自分達のサッカーがやれていたんだと、もう一度頭の中を切り替え、特別な事をする訳ではなく、今までやれていた事を自分達でやり直そうとアプローチした。

上記は試合後の長谷川健太監督のコメント。

3連敗という厳しい状態の中でこそ現状分析が必要だし、
客観的に自分たちを見ることでようやく出来ていること出来ていないことが
分かってきます。

川崎フロンターレ戦では、連敗ストップできたものの
まだまだ磐石の試合運びとは言えませんでした。

今日はリーグ戦ではありませんがFC東京戦です。
(ナビスコカップ準々決勝第一戦)

さらに進化したエスパルスを見せてほしいものです。

続きを読む
posted by Cocolo at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

エスパルス…、頑張れ!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第14位



随分とひさびさのブログ更新です(汗)。


さて、清水エスパルスのことですが。

横浜Fマリノス、アルビレックス新潟、ジュビロ磐田と
立て続けに3連敗。順位も4位に後退してしまいました(涙)。

鹿島アントラーズとの直接対決を制して「ここからだ!」
となった後の3連敗ですから、
嫌でも昨年の「悪夢の5連敗」を連想してしまいます…。
(ちなみに昨年はリーグ終盤に首位に立ってからまさかの5連敗で失速)

これで昨年の二の舞になるようなら
チームとしての成長は何も無かったということになってしまいます。

夏場の連戦で疲労も溜まっているとは思います。
ただ、それは他チームも同じ。

管理人はサッカーの素人ですから勝手な想像しかできませんが、
おそらくはメンタルの問題が占める部分が大きい。

攻撃的な戦術を貫くのか、
安易な失点が目立つディフェンスを立て直すのか。

どちらにしても徹底しなければ
悪循環に陥ってしまいます。

個人的には攻撃的な戦術を貫いて欲しい。

今期(ワールドカップ中断前まで)のエスパルス好調の要因は
良い意味での「チャレンジ精神」だと思っているからです。

今期から4−3−3へのシステム変更をすることで
監督やコーチ、選手それぞれが手探りながらチャレンジしてきた。
そのチャレンジが前半戦首位という結果に繋がったと思うのです。

確かに失点は増えましたが、
この苦しい場面でブレてしまっては進歩が無い。

今は壁にぶちあたっていますが、
何とかしてこの壁を乗り越えて欲しいですね。

続きを読む
posted by Cocolo at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

清水エスパルス、ヤマザキナビスコ杯決勝トーナメント進出!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第29位



随分とひさびさのブログ更新です(汗)。


Jリーグも中断期間に入り、エスパルスの選手たちは
束の間のオフに入っているようです。

そんな中、ナビスコカップ予選の最終節が行われ
ジュビロ磐田がモンテディオ山形に5-0で圧勝し
Bグループ首位で予選突破。

横浜Fマリノスは浦和レッズと0-0の引き分けだったため
勝ち点でエスパルスを上回ることはできませんでした。

この結果、清水エスパルスの
2010Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝進出が



…決定♪


めでたい。


他力本願ではありましたが、無事決勝トーナメント進出
できて良かったですね〜。

Jリーグ中断明けからも優勝争いをするために
更なるチームの熟成を図ったもらいたいものです。

今年のエスパルスは小野伸二選手が重要な役割を果たしていますが、
若干小野選手に頼り過ぎている感じも見受けられます。

中断期間中にその偏りを修正するのか、
逆に「小野システム」を強化し周りの選手たちが
小野選手にうまく“使われる”ようにするのか。

個人的には近年あまり見られなくなった
「王様スタイル」のチームがあっても良いのかな?と。
小野選手と心中するくらいの覚悟が必要ですが…。

続きを読む
posted by Cocolo at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

清水エスパルスはリーグ中断前の最終試合で残念な引き分けも首位キープ。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第8位



地味ですが…ランクアップしています。


さて、先週の土曜日にサッカーJリーグ第12節が行われました。

ワールドカップ開催によるリーグ中断前の
最後の試合と言う事で、エスパルスにとっても重要な試合でした。

FC東京とアウェイでの戦いとなった今節、

結果は2-2の引き分け。

後半40分まで2-0で勝っていたことを考えると
非常に残念な結果でした。

サッカーの試合において2-0は危険な点差だと良く言われますが、
まさにその通りの試合展開となってしまいました。

ただ、試合内容を見るかぎりでは(テレビ観戦ですが…)
決して良いゲームとは言えず、
引き分けが妥当だったようにも思えます。

「負けたくない」という気持ちがマイナスに作用したのか、
一対一の局面で受け身に回ってしまうことが多かったように
感じました。

それでも試合終盤までは2-0でリードできていたので
「サッカーって分からないよなぁ…」
と思っていました。

その時に考えていたブログ記事のタイトルは
「勝ちに不思議の勝ち有り」でした(汗)。

ま、実際にはそううまくはいかなかった訳で、
試合に勝ち切ることの難しさを痛感しました。

残念な引き分けになりましたが、
他の上位陣も揃ってコケてくれたので
文句無しの首位でリーグ中断を迎えることができましたね。

ここ数年スタートダッシュに失敗してきたことを考えると
今年は上々の滑り出しだったのでは無いでしょうか。

これで例年どおりの夏場の強さを発揮してくれれば、
悲願のリーグ制覇も視野に入ってくるはず。

続きを読む
posted by Cocolo at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。