スポンサード リンク

2011年06月20日

清水エスパルス、アウェイで浦和レッズに快勝!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


先週の土曜日にサッカーJリーグJ1第16節
清水エスパルス対浦和レッズが行われました。

結果は清水エスパルスが3−1で快勝!

連勝で順位も一ケタの9位にまで浮上しました。

なかなか調子の上がらない浦和レッズ相手とはいえ、
アウェイでこれだけの試合をしれくれれば十分。

ボスナーの強烈なフリーキック2発と
高原の古巣への強烈な恩返し…!

特に高原のゴールは、ゴールに至るまでの流れ
(小林大悟のサイドへの展開→大前元紀のクロス
→高原のダイビングヘッド→ゴール!!)
がとても美しく、随分とチームが噛みあってきたなぁ…
という印象を受けました。

連勝をしたことで順位も上がりましたが、
意外にここからのホーム3連戦が大変かもしれません。

次節は勢いのある川崎フロンターレ。
以前エスパルスに在籍していた矢島選手も絶好調(汗)。
その次は負けないベガルタ仙台。
そして、鹿島アントラーズ。

ホームでの戦いだけに、この3試合を
2勝1分けの勝ち点7以上で乗り切ることができれば
上位進出も十分可能でしょう。

ただ、結構ハードルは高い…(汗)。


続きを読む
posted by Cocolo at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

浦和レッズ戦のスタメン発表!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


さて、アウェイでの浦和戦ももうすぐキックオフ。
スターティングメンバーが発表されているようです。

清水エスパルスのスタメンはコチラ↓

GK:碓井健平
DF:辻尾真二
DF:岩下敬輔
DF:ボスナー
DF:太田宏介
MF:小野伸二
MF:平岡康裕
MF:アレックス
FW:大前元紀
FW:高原直泰
FW:高木俊幸
SUB:山本海人
SUB:岡根直哉
SUB:山本真希
SUB:枝村匠馬
SUB:小林大悟
SUB:竹内涼
SUB:永井雄一郎

対する浦和レッズ のスタメンは…

GK:加藤順大
DF:高橋峻希
DF:坪井慶介
DF:永田充
DF:平川忠亮
MF:鈴木啓太
MF:山田暢久
MF:柏木陽介
FW:マルシオ リシャルデス
FW:田中 達也
FW:エジミウソン
SUB:山岸範宏
SUB:宇賀神友弥
SUB:梅崎司
SUB:堀之内聖
SUB:山田直輝
SUB:原一樹
SUB:マゾーラ


あ…、原クンがベンチ入りしてる(汗)。

そういえば、昨年エスパルスから移籍していった
選手たちの状況ってあまり気にしていなかったけど…、
あまり活躍している印象がないなぁ…。


続きを読む
posted by Cocolo at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

連勝で一ケタ順位へ!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


さて、もう明日は試合です(汗)。

過密日程がスタートして、
ベテラン勢がチームの重要な核になっている
エスパルスにとっては、選手のコンディションの維持が
非常に重要な問題。

ベテランを休ませながら、上手に勝ち点を拾えると良いのですが
そこはJ1、常に総力戦で臨まなければ勝ち点の積み上げは
難しいでしょう。

そうなると、過密日程の前半でベテランが動けるうちに
勝ち点を稼いでおきたいところ。

明日の浦和レッズ戦は、勢いに乗るためにも
勝ち点3を勝ち取ってきたい相手ですね。

浦和レッズに対する個人的な印象は、
十分な戦力がありながら力を出し切れないチーム。

今季も下位に沈んでいます。

しかしながら、そう簡単に勝てる相手じゃないことは明らか。

ぜひベストメンバーで、いけるところまでいって欲しい。

続きを読む
posted by Cocolo at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

サッカーJリーグ、清水エスパルスはホームで山形に劇的勝利!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


さて、昨日はサッカーJリーグJ1第15節
清水エスパルス対モンテディオ山形の試合が行われました。

結果は、2−1でエスパルスの劇的勝利!

暫定ながら順位を10位にまで上げました。


試合の内容はというと…、家本劇場だったようで(汗)。

一試合にペナルティーキックが4回というのは
やはり多過ぎるような気がします。

エスパルスは勝ったから良かったものの、
モンテディオの選手や監督、サポーターは
後味の悪い試合だったのではないかな…?と。

とにかく、勝てたのですから良しにしないといけませんね。

残留争いに巻き込まれてしまうと、
チーム作りよりも目先の結果だけを優先
してしまいがちになります。
そうなると若手にチャンスが回ってきづらくなり、
選手層が薄くなってしまいます。

こういった試合を勝ち切ることで、
ゴトビ監督のチーム作りも少しずつ
やりやすくなるのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Cocolo at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

やはり前節の平岡のボランチには伏線が…。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第14位!


いつもアクセスありがとうございます。

さて、前回のブログ記事で

平岡選手がボランチで先発出場というのは 村松選手が次の試合から欠場(オリンピック予選のため) することに対する伏線なのかな?


と書きましたが、どうやら管理人の推測も馬鹿にできないようです。

今日の日刊スポーツの記事で↓
清水非公開練習 ワンボランチに平岡起用
とありました。

やはり、平岡選手のボランチと言うのは
村松選手がオリンピック予選で欠場する際のオプション
だったようですね。

確かに、アリだとは思いますが…

ボランチが本職の選手もいるだけに、複雑な心境です。
杉山浩太は?山本真希は?竹内涼は?

明日の山形戦は絶対に落とせない(勝たなければならない)
試合だと思っています。

ですから、ゴトビ監督の選手起用がズバリ成功
してくれることを期待していますが、
本来のポジションでは無い平岡選手に
ポジションを奪われた形になっている選手たちには
一層の奮起を促したいと思います。

続きを読む
posted by Cocolo at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

サッカーJリーグ、清水エスパルスはアウェイでガンバ大阪と引き分け…。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



昨日行われたJリーグJ1第14節
清水エスパルス対ガンバ大阪は
2−2で引き分け。

アウェイでの勝ち点1を良しとするか、
一度は逆転しながら勝ち切れないことを
まだまだと見るかは人それぞれだと思います。

個人的には前者かな〜…。

試合前のブログにも書きましたが、
現在のチーム状態を見ると
ガンバのチーム力の方が上だと思います。

その相手にアウェイで勝ち点を取れたのは
少なくとも最低限以上の結果だったのではないでしょうか。

平岡選手がボランチで先発出場というのは
村松選手が次の試合から欠場(オリンピック予選のため)
することに対する伏線なのかな?

続きを読む
posted by Cocolo at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

サッカーJリーグ・今日はアウェイでガンバ大阪戦!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第--位



今日は全国的に大荒れの天気になっているようです雨

現在静岡市内でも大雨と強い風で、台風の時みたい…(汗)。

そんな中、今晩アウェイでサッカーJリーグ
清水エスパルス対ガンバ大阪が行われます。

どうやら天気は回復傾向にあるみたいなので、
選手たちにとって少しはやりやすい環境になるのかな?

管理人はBSで観戦することになりそうです。

さて、まずは公式サイトのプレビューを。

J1第14節 G大阪戦プレビュー
「トラックがある分、観客は遠けれど、心はすぐそばにある」


次にJ's GOALのプレビューを。

【J1:第14節 G大阪 vs 清水】プレビュー
「悪い流れを断ち切るためにも、ホームで白星を!」


現時点での順位はガンバ大阪が8位でエスパルスが12位。
しかし、ガンバの方が消化試合が2試合も少ない。

順位だけを見ると、格上の相手に挑戦するという構図になります。

おそらくはガンバが攻め、エスパが守るという時間帯が多くなるでしょう。
現在得点ランキングトップのアドリアーノや売出し中の宇佐美貴史選手、
イ・グノ選手らの攻撃を如何に食い止めるかがまずはポイントになりそう。

現状のエスパルスだとなかなか流れの中からの得点というのが
イメージしづらいので、セットプレーでも相手のミスからでも
どんな形でも良いのでまずは先制点が欲しいところ。

そうすれば大宮戦のような試合展開も可能になるのでは…、と
期待しています。

続きを読む
posted by Cocolo at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

清水エスパルスの現時点でのベストメンバーを考えてみる。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第--位



久々のブログ更新です…(汗)。

長谷川監督が退任し、主力がゴッソリと退団したことで
ほぼ別のチームのような顔ぶれになった今年のエスパルス。

ゴトビ新監督を迎えて現在はチーム作り半ば、といったところでしょうか。

J1での8試合を終えた段階で勝ち点9というのは、
物足りない印象を受ける方も多いことでしょう。

でも大幅にメンバーがかわり、
チームの成熟という意味では不十分なのですから致し方ありません。

現時点でのベストメンバーを考えてみたいと思います。

GK:碓井健平
山本海人選手とのレギュラー争いですが、
「現時点では」という枕詞をつけるなら今は碓井選手かな、と。
エスパルスが勝ち点を積み重ねられないのは得点力不足が原因だと
思っているのでゴールキーパーに関しては甲乙を付けがたい。
ただ、“負けていない”という点を考慮しました。

DF:岩下敬輔・ボスナー・辻尾真二・太田宏介
ディフェンス陣は、ほとんど固定で戦っているので
比較のしようがありません(汗)。
序盤は平岡選手がスタメンでしたが怪我で離脱。
岡根直哉選手は初出場したヴィッセル神戸戦が
1-5の大敗とツキが無い感じ。
村松大輔選手は本来センターバックですが、
ボランチ(アンカー)としてベストメンバーに入れるので
ここでは選外としました。

DMF:村松大輔
新加入の選手で一番の収穫だったのが彼かもしれません。
対人ディフェンスの能力はチーム随一でしょう。
どうか怪我をしないでね…。

OMF:小野伸二・アレックス
小野選手はゲームを作れる数少ないメンバー。
アレックス選手は試合を重ねるごとにフィットしてきている感じ。
できればアレックス選手は中央(ゴール)に近いところで
プレーをして欲しいなぁ…と。
逆に小野選手は局面によってはサイドに流れて
攻撃の起点になってほしいな、という感じです。

WG:高木俊幸・大前元紀
ウイングには若手二人を。
高木選手は力強さは無いものの、前を向く姿勢や
シュート意識の高さがチームに好影響を与えていると思います。
大前選手は序盤の獅子奮迅の活躍が衰えてきているのが
気になりますが…、今年はブレイクしてくれるはず。
とにかくサイドでは“勝負できる選手”が重要になります。

CFW:高原直泰
伊藤翔選手との比較ということになります。
思ったよりも高原選手のプレーが良いなぁ…と。
ポストプレーは上手いし、最近ではゴールという
結果も出始めているので。
伊藤選手がかなり期待外れなプレーに
終始しているのが残念ですし、選手層の薄さに不安を覚えます。



続きを読む
posted by Cocolo at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ひとつの時代の終わり。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第7位



いつもアクセスありがとうございます。

すでにご存知の方が大半だとは思いますが…。

今シーズン限りで長谷川健太監督が退任することが決まりました。

それに伴い、田坂和昭コーチ、浦上壮史コーチをはじめ
スタッフ陣も退任が決定。

また、伊東輝悦選手、市川大祐選手、
西部洋平選手、青山直晃選手の退団が決まったもようです。

ひとつの時代が終わりを迎えたようです。

思えば健太体制がスタートした時のチーム状況は
かなり悲観的なものだったと記憶しています。

就任1年目は残留争いに巻き込まれ、
それでも後半になって若手が台頭しはじめ
天皇杯では準優勝。かすかな希望が見えました。

その後は常に上位争いをするものの
「優勝争い」には届かない状況。

昨年はリーグ後半で一時的に首位に立ったものの、
リーグ終盤でまさかの連敗続きで優勝争いから脱落。

今年もリーグ前半戦までは首位を走っていたものの
夏場から失速。リーグ優勝は絶望的となっています。

在任期間6年でタイトルを獲得できなかったのですから、
監督交代というクラブの選択は妥当だと思います。

ただ、長谷川監督には心からの「おつかれさま」を。

健太監督だからこそチームは立ち直ったと思っているし、
ファンやサポーターは夢を見ることができた。

続きを読む
posted by Cocolo at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

今年も無冠で終わってしまうのか…。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングでは現在…



第7位



いつもアクセスありがとうございます。

一昨日ですが、ナビスコ杯準決勝のセカンドレグが行われ
清水エスパルスはサンフレッチェ広島に1−1の引き分け。

2試合のトータルスコア2−3で惜しくも敗退…。

リーグ優勝が絶望的な状況において
もっともタイトルに近い大会だったのですが…残念。

プロサッカー選手たちに向かって素人が口出しをするのは
若干気が引けるのですが、やはりメンタル面の脆さを
感じずにはいられません。

特に夏場からは失点が多くなり、
試合運びがうまくいかない焦りからか
バランスを極端に崩してしまう傾向が見られました。

う〜ん…、メンタルはどうやって鍛えれば良いのでしょう?

選手個々の能力や選手層については
近年に無いほどの充実ぶり(だと管理人は思っている)だけに、
ここまでズルズルとチーム状態が悪くなるとは
思っていませんでした。

リーグ優勝はほぼ絶望的、天皇杯だって道程は厳しい。

いっそのこと、勝敗は抜きにして
「面白い」と思わせるような試合を見せて欲しい。

選手たちがもっとサッカーを楽しんで、
生き生きとプレーしている姿を見せて欲しい。

それで結果がついてくればラッキーくらいの感覚で。


続きを読む
posted by Cocolo at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。