スポンサード リンク

2012年02月20日

エスパルス、磐田とのプレシーズンマッチに勝利!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


鹿児島キャンプの最後に、ジュビロ磐田との
プレシーズンマッチが行われました。

結果は相手のオウンゴールを守り切り、
1−0で清水エスパルスの勝利。

対外試合4連勝で鹿児島キャンプを終えています。

練習試合やプレシーズンマッチに勝利したところで
リーグ戦を有利に戦えるわけではありませんが、
“勝ち癖”を付けておくことは重要。

守備陣に関しては目に見えて失点が減ってきており、
この少ない失点数が良い意味で“癖”になってくれれば
1点を争うような試合になった時に役立つのだと思います。

今季は例年に無いくらいに新加入の選手たちが
活躍してくれています。

各ポジションで競争が激化しているようですね。

続きを読む
posted by Cocolo at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

韓国Kリーグの城南一和との練習試合は…。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


鹿児島キャンプ中の清水エスパルスですが、
城南一和との練習試合は相手のラフプレーが原因で
後半途中で打ち切りとなってしまったようです。

それまでは2−0で、試合内容も
エスパルスが圧倒していたようです。

先月末のアジア・スーパーチャレンジ杯決勝では
1−5で惨敗していただけに、
打ち切りとは言え2−0で相手を上回っていたことは
チームとして自信になったかもしれませんね。

鹿児島キャンプ前までは
対外試合で失点が多く不安もありましたが、
キャンプに入ってからの練習試合
VS京都サンガ、VS城南一和と2試合連続で
無失点できていることも良い傾向。

ふとメンバーを見てみると、

GK 林
DF 平岡、岩下、吉田、李(練習生)
MF アレックス、枝村、姜
FW 大前、高木、高原


GK 林
DF 平岡、岩下、吉田、李(練習生)
MF アレックス、枝村、姜
FW 高原、大前、高木

上が城南一和戦の1本目、
下が京都サンガ戦の1本目。

面子が一緒です。

ゴールキーパーは今のところ
新加入の林選手が一歩リード、なのかな?

後はサイドバックがビシッと決まれば
安定した戦いができる可能性は高いですね。

できれば中央でポストプレーができる
点取り屋のFWも…。(伊藤ガンバレ!)

続きを読む
posted by Cocolo at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

ユングベリ、契約解除。

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


ご存知の方も多いとは思いますが、
清水エスパルスとフレドリック・ユングベリ選手との
契約について双方合意の上で解除することになりました。

残念なニュースではありますが、
なんとなくそんな雰囲気があったこともあり、
不思議なくらいすんなりと受け入れられています。
(あくまでも個人的な感情ですけど)

まずは、ユングベリ選手に最大限の感謝を。

東日本大震災に見舞われた日本で
外国籍選手の中では母国へ帰ってしまう選手もいました。

そんな中、あえて日本でプレーすることを
選んでくれたユングベリ選手には
感謝の言葉しかありません。

怪我が多かったこともあり
本来のプレーを見られる機会が少なかったことが
残念ですが、新天地での活躍を祈っています。

続きを読む
posted by Cocolo at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

鹿児島キャンプで京都サンガに勝利!

まずは参加しているブログランキング情報を。
清水エスパルスブログランキングに参加しています。


鹿児島キャンプ真っ只中のエスパルスですが、
昨日は練習試合で京都サンガと対戦しました。

45分×3本の形式で、
1本目は0−0
2本目は1−0
3本目は3−0
トータル4−0で勝利をおさめました。

オフィシャルによると、得点者はこんな感じ↓
2本目  10分大前(アシストは高木)
3本目  12分石毛(小林)、29分樋口(石毛)、45分樋口(鍋田)

若手の活躍が目立ちます。
大前元紀選手は、昨シーズン覚醒した感がありますが
不動のエースストライカーになるべく更なる成長を
期待しています。

…なぜU-23代表に選ばれないんだろう?

樋口選手の活躍も喜ばしい。
昨シーズンは全くと言っていいほど出番が無く、
本人もかなり危機感や悔しさを持っているはず。
こうやって結果を出すことで道がひらけてくることは
偉大な(?)先輩、岡崎慎司選手が証明しています。

石毛選手もさすが。
アジアナンバー1のユース選手ですからね〜。
出場した試合で結果を残せることは素晴らしい。
どんどんトップチームでの出場機会を与えて欲しいです。

続きを読む
posted by Cocolo at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。